40歳でセミリタイアを目指すには。子供1人とパート主婦の場合

鹿1
鹿1

40歳代の方で、会社生活にも疲れ、リタイアしたい方が増えているみたいだね。

そうなんです。会社員生活は、上に下に挟まれ大変。疲れちゃうよね。それでは、セミリタイアするにしても、どうしたら良いか。このブログで考えてみましょう。

石井
石井

40歳で必要なセミリタイア額

セミリタイアと言っても、完全フルリタイアと違って、パートや収入が少ない会社員などになって仕事を続けながら、生活していきます。筆者はこちらを推奨していて、幾らお金があってもフルリタイアは、余りお勧めしていません。何故なら、一時的には完全リタイアに憧れますが、何もしない期間が1か月も経てば飽きてくるためです。

その為、今回は仕事をするセミリタイアを前提に書いていきます。具体的には、近年ありがちな家庭の妻パート、子供小学2年生位です。と言っても、人それぞれ必要な金額は変わってきます。例えば、月40万円必要な方も居れば、30万円で済むという方もいます。それは人それぞれだと思いますので、一般的な事を書くことに留めておきますが、これを指標に最適化して頂ければよいと思います。

支出

3人家族の生活費は26.3万円必要と言われています。子供1人に妻1人ですね。ちなみに、住宅費は除いております。内訳は、

  • 食費:7.8万円
  • 水道光熱費:2.2万円
  • 家具・家事用品:1.3万円
  • 衣類・履物代:0.9万円
  • 保険・医療費:1.4万円
  • 交通費・通信費:4.1万円
  • 教育費:0.8万円
  • 娯楽費:2.3万円
  • その他:5.5万円

その他の支出には、諸雑費、小遣い、交通費、実家への仕送りなども含まれています。教育費も小学生の教育費程度で、学費を含みません。受験のための塾などに行けば、さらにお金がかかると思いますが、一般的な家庭平均がこちらになります。

さて、住居費ですが、地域によって平均を書いておきますが、2LDK~3DKの家賃は

  • 札幌:65,000円
  • 東京:159,000円
  • 名古屋:78,000円
  • 大阪:92,000円
  • 福岡:70,000円

になっています。家賃相場なので、購入したら、同じような住まいであれば、月の負担はもう少し安くでき、良い家に住むことが可能になります。私は持ち家派ですが、これは人それぞれが好むところです。

さて、住居費が東京に住んでしまうと、とんでもないことになるので、私は横浜住まいですし、購入派。そして、ローンが低ければ、山の上でもしょうがないという事で、月々9万円のローン支払いで考えてみたいと思います。そうすると住居含めた月々の金額は35.3万円です。子供が大学まで面倒を見ると仮定すると、5930万円かかります。

また、子供が中学校で425万円。高校で291万円、大学が理系で590万円の為、1306万円かかります。その為、全体で7236万円が54歳まで必要です。

また、年金が出るのが65歳4660万円必要になり、合わせて11896万円必要です。この後も年金で賄うか、さらに働いて賄うかで異なります。老齢厚生年金の額が月平均14.6万円の為、老後までに25年で住宅ローンを完済していると仮定すると、残りの必要な金額は11万円です。85歳まで生きると考えると、2640万円が必要になってきます。

合算すると、14536万円です。かなりの金額がかかりますね。しかし、心配しないでくださいね。これがセミリタイア時に必要な金額というわけではありません。

収入

奥様のパート収入が月々8万円。また、ご自分も月々8万円の70歳まで労働収入を得られると考えると、労働で5760稼げます。ここも本人がどこまで稼ぐかで異なってきますので、それぞれ働く金額を考えてくださいね。

必要額のまとめ

結局、収入から支出を引いた額が必要なセミリタイア額になりますが、8776万円になります。これくらいが子供が1人いて、共働きでそれぞれが月8万円働いた時の金額です。

どのようにセミリタイアを目指すか。

それでは、具体的にどのように、セミリタアを目指すかですが、中々8800万円近いお金を持っている人はいませんね。正直、8800万円でセミリタイアしたとしても、お金はセミリタイア後には減る一方の為、中々の恐怖があると思います。お金が増えるのは問題ないと思うのですが、減るというのはかなり怖いものです。

その為、1億あれば完全リタイアできるなんて方もいますが、恐怖におののいて、完全リタイアなんてできませんからね。強靭な精神の持ち主でない限り。

その為、資産の減少を緩和しながら、働き続ける事を、僕は推奨しています。ただ、サラリーマンの給与だけでは、セミリタイアなんて目指せません。最近では、副業や投資で、お金を増やす方がいますが、学ばないと簡単にはいかないものですよ。ただ、お金を増やす道の王道は、投資や経営です。副業もありです。勿論、給与収入だけで増やす人もいますが、かなりハイスペックな給与所得出ない限り難しいでしょう。

セミリタイア後の生活(仕事や地域活動)

セミリタイア後どのように過ごすかは個人次第ですが、冒頭申し上げている通り、資産維持や、輝いた生活を維持するために、仕事は非常に重要だと思います。何もしないで何年も死ぬまで生活するなんて、廃人同然です。仕事は是非継続してください。特に仕事でなくても、地域活動やボランティアなんでも良いとは思います。私個人は、お金が絡まないと張り合いが生まれないので、仕事は引き続き続けますが、死ぬまで仕事ができれば、ほどほどな感じで続けるつもりです。

セミリタイアする為の副業や投資に関して、 お金の話に関して、メルマガでも発信しています。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村


ファイナンシャルプランニングランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。