生命保険を若い年齢で、検討するべき3つの理由

鹿1
鹿1

今日は生命保険の内容です。生命保険は若いうちに入った方が得というのは、なんとなくは理解しているんですが・・・

今回は生命保険は若い内に入った方が、費用的にお得ですよね。他にも年齢が高いと入れない保険など存在します。今回は詳細をお話ししてきます。

石井
石井

この記事では、生命保険を早めに検討して加入するメリットを解説しています。生命保険には若い人だからこその利点が多いので、早い段階でそれらの利点を知っておくだけでも役立ちます。

年齢を重ねて生命保険の必要性を感じてからでは、最悪の場合加入すらできない可能性もあるので要注意です。この記事はこんな人におすすめです。

  • 社会人になったばかりの人
  • 結婚/出産などの予定がある人
  • そもそも生命保険の必要性を知りたい人

今回お話しするポイントです。

  • 生命保険は、費用的にも健康的にも若い内に入った方がお得です。年齢が高いとリスクも高くなるため、費用が高くなります。また、年齢制限があるため、早めの加入が得な事が多いです。

加入には健康状態の審査が必要

生命保険の広告はよく見ることがありますが、加入の条件として健康状態の審査が必要であることをご存知でしょうか?

あまり広告等では知らされていませんが、実は生命保険は誰でも加入できるわけではありません。生命保険の加入に関する書類等を取り寄せると「告知書」という書類があり、そこに直近の健康状態について自己申告で記入する必要があります。

なぜ、このような内容を記入するのかと疑問に思われた人もいらっしゃるかもしれません。一般的に保険会社は、保険商品の利回りを綿密に計算して、健康リスクが高い人の加入を減らす(=将来的な保険金の支払いを減らす)ことで利益を出す構造になっています。

健康状態の条件を満たしていなければそのタイミングでは生命保険に加入することはできませんが、告知書は直近の数年間のみの状態を審査しているため、単純にその数年後に条件を満たしていれば加入することはできます。保険会社によって告知書で審査される項目は異なりますが、審査で引っかかる前に加入さえしておけば安心ですね。

若い年齢ほど保険料が安い

生命保険は主に終身保証か定期保証の2種類の加入方法があり、どちらにも共通して言えることは加入時の年齢に応じて保険料が変わることです。

それぞれの保険料について、簡単に説明してみます。

終身保証: 加入時の年齢に応じて保険料が固定で定まり、加入し続ける限り満期まで保険料が変わらない形式です。満期を迎えた後は保険料の払い込みが終了し、保証は一生涯続けて確保することができます。

定期保証: 加入時の年齢に応じて保険料が定まりますが、保険会社が定める年齢で更新があり保険料が値上がりします。俗に「掛け捨て」という名の通り、保険料の払い込みが無ければ保証も確保できない形式です。

どちらが適しているかは個人の判断によりますが、若い年齢のうちに終身保険に加入することで安い保険料で一生涯の保証を得ることができます。

他にも、貯蓄型であったり、保険金の支払いがなければ定期的に返金されるような保険商品もあります。ご自身が納得する選択が一番ですので、早めに保険商品の種類を知っておくと後からでも役立ちます。

人生の節目での安心材料になる

結婚・出産・育児と家族が増える人生の節目では、生命保険に加入していた方が自分も、親族も安心することができます。

一般的に、末子が誕生したタイミングに必要な保険金額はピークとなり、そこから徐々に減って末子の就学が終わるタイミングで必要な保険金額は大きく減ります。

独身の状態は必要な保険金額が少ないため、生命保険の必要性を感じにくいのですが、実はこれからの人生に備えて生命保険に向き合うべき時期でもあります。

子供が誕生してからは生活はドタバタとしてくるので、できる限り前もって早い時期に生命保険を検討し始めた方が無難です。

子供がいない家庭であっても、家族構成によっては保険金の準備が好ましい場合もあるので知識だけでも知っておくと役立ちます。

まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。この記事では、生命保険を若いうちに検討・加入しておくべき理由を紹介しました。

過去に戻ることはできないので、後悔しないように早めに検討または知識をつけておくことをおすすめします。

今回お話しするポイントです。

  • 生命保険は、費用的にも健康的にも若い内に入った方がお得です。年齢が高いとリスクも高くなるため、費用が高くなります。また、年齢制限があるため、早めの加入が得な事が多いです。

お金の話に関して、メルマガでも発信しています。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村


ファイナンシャルプランニングランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。