保険による貯蓄の有効性と注意点。トンチン保険など珍しい保険等

鹿1
鹿1

保険は、もしもの時に支払われる保険金というよりも、貯蓄性のある保険も沢山あるんですよね。

そうなんです。保険は保険金だけの支払いではないんですね。本日は貯蓄性がある保険に関して説明していきます。

石井
石井

日本では預金と併せて保険による貯蓄も多いです。しかし決定的な違いがあります。保険による貯蓄の多くは営業に勧められて加入していることです。つまり<受動的>なのです。銀行預金は比較的自ら行う、能動的なものです。

保険による貯蓄の有効性と注意点をどれだけの加入者が理解し、他の商品種類をご存じなのでしょうか?今回は保険による貯蓄について解説させて頂きます。

保険貯蓄の種類

  • 個人年金保険(確定年金):一定期間積み立てて、将来一定期間毎年年金が受け取れます。他には終身年金、有期年金等の商品があります。
  • トンチン年金:終身受取り年金です。しくみは国の老齢年金に似ております。支払い済保険料に対し長生きする程得ですが、早くに無くなると損失が出ます。
  • 変額保険:保険料を投資信託で運用する死亡保険です。
  • 外貨保険:保険料を外貨で運用する死亡保険です。
  • 低解約返戻金型終身保険:終身死亡保険の変形です。保障内容は変わらず保険料が安価になり、保険料支払いが完了すると同時に解約返戻率が大幅に上がります。現在では長引く低金利により効果が薄く、貯蓄としての機能性は落ちております。
  • 短期払い済み型終身保険:終身死亡保険の保険料を10年間等の短期で払い終える商品です。払い終えた後も解約金は増え続けます。しかし現在では低金利の影響でこの商品を販売している保険会社は皆無です。この先インフレになった場合、再登場するかもしれません。

有効性と注意点

  • 個人年金保険(確定年金)

 契約時に年金額が確定されているので安心です。更に運用益によって配当金が上乗せされます。保険料支払い中に死亡した場合は払込保険料相当額を死亡保険金として、年金受け取り中に死亡したときは残りの年金が支払われます。

この商品は国の政策で保険料払込期間中は<所得税と住民税の控除>がありますので、これも実質的に貯蓄効果を上げます。但しこれを適用するには所定の要件があります。

<年金受取開始が60歳以降かつ受取期間が10年間以上・保険料払込期間が10年間以上・年金受取人が契約者又は配偶者・年金受取人が被保険者と同一>となります。

  • 終身保険

終身保険とは、保険契約者が死亡するまで一生保障されます。死亡または、高度障害状態になると保険金が支払われる保険で、一生涯の死亡保障を得ることが可能です。

 中年以降の方を契約対象者とした終身受取れる年金です。長生きリスクへの対応商品として歴史が新しい商品です。言い換えると生きている限り受け取れる年金ですが、注意点は言うまでもなく原則死亡すると全く受け取れません。

しかし5年間等の保障期間があるのが通常です。また中途解約時の返戻金は通常の確定年金よりも低くなります。所定の要件を満たせば保険料払込期間中に<所得税と住民税の控除>が受けられます。

  • 変額保険

 契約時に貯蓄金額は確定されません。運用により払込保険料を大きく上下する可能性があります。運用対象の信託種類は多々あり、途中で信託種類を変更することも可能です。 運用成果が良いと死亡保障が増額されます。

  • 外貨保険

 契約時に貯蓄金額は確定しません。外貨の高金利が魅力ですが為替変動による影響は良くも悪くも大きいので注意です。そして為替手数料も影響します。例えば円→ドルに換える時には手数料が掛かるのです。ドル→円も同様です。しかしこれは保険に限った事ではありません。為替の動きによっては大きな成果を生む可能性があります。

まとめ

貯蓄が苦手な人にとって保険による貯蓄は心理的に有効です。支払いという観念があるからです。そしてあくまでも保険です。保障があるのです。これを必要とする人にとっては最大限の効果を発揮します。

更に保険には税制上のメリットもあります。年金保険の所得税等控除の他、死亡保険金には下記の相続財産の非課税枠があります。

500万円×法定相続人の数 但し被相続人が被保険者かつ保険料支払者、受取人が法定相続人

投資の基本は長期・積立・分散です。保険による貯蓄はその機能性を十分に吟味して<他の投資貯蓄との住み分けを分散・組立(ポートフォリオ)する>ことが重要な要素になります。

お金の話に関して、メルマガでも発信しています。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村


ファイナンシャルプランニングランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。